丹羽 悠介丹羽 悠介

niwa yusuke丹羽悠介/代表取締役

HIDAMARI GROUPの
経営理念は
「生涯のお付き合いを大切に」
人がすべてです

~介護業界に可能性を感じて~

元々は美容師として働いていたのですが、思っていたものと少し違って辞めてしまい、そこからフリーター生活をしました。その間に人にだまされたりして、人間不信になって引きこもっていた時期がありました。その時に、介護の仕事をしている姉がそんな僕を見かねて、「ボランティアで髪を切りにきてくれない?」と言ってくれて。それで介護施設に行って利用者さんの髪を切ったら、「ありがとうね」と言ってくださり、その純粋な言葉がすごく嬉しくて、心にガツンと残りましたね。それがこの業界に興味を持つきっかけとなりました。そして、ボランティアをしているときに、介護の現場で働いている方たちの中には、職人さん気質の方がたくさんいることに気が付きました。でもまだまだ組織になりきれていない部分が大きいと思い、そこにチャンスを感じましたね。これをもっと組織化してちゃんと会社として動いていけば、まだまだこの業界で強い会社を作れるのではないかなと思いました。そして地域密着の仕事なので、地域に1店舗しかないけれど、すごく支持されている施設があったりします。会社の大小に関係なく見てもらえるということも魅力の一つだと感じました。僕は借金もあってどん底だったので、一発逆転を狙わないと!という思いも重なって、勢いで起業しました。

経営理念に込められた思い
「生涯のお付き合いを大切に」

まず、介護には高齢者の方々と障害のある方々があります。高齢者の方たちの場合、利用者さんが別の施設に入所するからもう私たちとは関わりがなくなるよ。というようなことが多々あります。そうなると、その方がその後元気に過ごされているのか分からなくなってしまいます。それがすごく寂しいなと思いました。また、障害のある方たちも、若い子であれば何歳になったら別の施設へ行くからさようならという感じになることも多く、それは決していい仕事じゃないなと感じました。関わらせていただいたからには、最後までしっかりと責任を持ちたいという思いが強く、それが福祉であり介護であると思っています。また、スタッフには逆に、「生涯あなたと付き合っていたい。私はあなたに関わってほしい。」と思ってもらえる人間力をつけてほしいと思っています。

スタッフに
思いを伝えることの重要さ

技術的なことももちろんですが、人との関わり方について教えることも多いです。やはりスタッフとはたくさん話すことが重要だと思っています。また、研修として月1回心理学の先生に来ていただいています。利用者さんの気持ちをちゃんと理解するために、「こういう動作はこういう心理から生まれている」ということを学んだりしています。また僕も「利用者さんのことをよく見て、ちゃんと関わっていきなさい。」というようなことをよく話しますね。僕の近くにいる幹部たちにも、たくさん会って話し合って、自分の思いを伝えるようにしています。企業は人なりだと思っていますので、一番大事なのは人材の育成だと思っています。

革新的な取り組み
~介護×フィットネス~

この業界の課題として人材不足が挙げられています。また腰痛などが原因で仕事を辞めてしまうということもよくあります。そこで新しい取り組みとして、フィットネスの実業団を作って、福祉という業界を知らない方たちを集めてみようと試みました。フィットネス組が来たことで、自分も運動しなくてはと健康に対する意識が高まっていき、トレーニングを始めるスタッフも多くいますよ。結果的に腰痛予防であるとか、健康につながっていくという2つの効果があると思っています。そして今、本社の横に社員専用のスポーツジムを建てています。ジムがあって、社員用カフェがあって、障害を持つ子供たちが来られるようなところもあってと、ちょっと面白い感じのデザインを考えています!
この業界で働く人たちがかっこよかったら、この業界に憧れる若者が増えると思います。だからたくさん経験をして、体も鍛えて、遊び方もスマートでというかっこいい人たちを増やしていきたいと思っています!

SNSでリアルな空気を発信

インスタグラムで定期的にインスタライブをしています。スタッフたちが集まって、特に話題を決めずに話をしているのですが、たくさんの問い合わせをいただきます。スタッフたちのリアルな空気感が伝わっているからでしょうか。鹿児島や福岡、神奈川など全国からダイレクトメールをいただくので、その影響力を実感しています。また、逆にこっちに出店してください。という依頼も多くいただきます。そのエリアの問題点などを教えていただいたりもするので、今度見学に行ってみようかなと思ったりもします。SNSで僕たちのことを知っていただけて、興味を持っていただけることはとても嬉しいし、重要なことだと思っています。

人生を楽しみたいという
思いを共に

一緒に働きたいと思う仲間として、若い子たちにもちろん集まってきていただきたいと思っているのですが、この先の自分の人生をもっともっと楽しみたいと思っている方たちに来ていただきたいですね。僕は自分で限界を決めない人が好きです。みんな同じ人間だし、5年先、10年先はどうなっているのか分からない。もしかしたらすごい人になっているかもしれない。それは誰も知らないし、誰も決められることではないので、そういう限界を決めずに、とにかくこの一度の人生を楽しみたい。行けるところまで行ってみたいと思っている方たちに来ていただきたいです。

MESSAGEこれから出会う未来のスタッフへのメッセージ

まだまだ利用者さまたちが求めるものをたくさん作っていかなくてはいけないし、足りない事業がたくさんあります。また、他県への出店や海外での福祉活動など、僕がもっともっと妄想を膨らませなければいけないこともたくさんあります。そうすることで、きっとスタッフたちもわくわくして楽しんでもらえるのでないかなと感じています。そして就職する場所を探している方は、職種で選ぶことも多いと思いますが、誰と働くのか、どこで働くのかということは結構重要だと思います。それで本当に人生が変わることってたくさんあるのではないかと感じています。僕と出会って一緒に働いて、わくわくしながら人生を突き抜けていこう!どんどん面白いことをやろう!と思っていただけたら嬉しいです!

InstagramInstagramHIDAMARI GROUPの日常インスタView AllView All

   

AmebaAmebaHIDAMARI GROUPのブログView AllView All